八重洲セムクリニック | 新型出生前診断(NIPT)、がん治療(IPT療法)

院長の紹介

院長 奥野幸彦

経歴

1968年 東京大学工学部卒業、大手電機メーカーに入社、マイクロ波の研究開発などに従事する。
1971年 医師を志し同社退社。
1972年 大阪大学医学部に学士入学。
1977年 大阪大学医学部卒業
1986年 大学病院、市民病院、救急病院などでの勤務を経て、地域医療の中核施設として、外科、内科、産婦人科を備える奥野病院を開院
2000年 ジェンダークリニック開院
2008年 産婦人科病棟開院
2017年 八重洲セムクリニック開院

現在(2017年1月10日時点)までに以下の資格を取得し、無医村対策やがんの統合医療、ジェンダー医療などにも力を注ぐかたわら、現在も世界の医療機関の研修や研究に参加し、新しい医療を常にめざしている。
また、2016年12月には、国際出生前診断学会(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)会員の資格を取得し、世界基準での治療を視野に入れた活動に力を入れている。

資格等

  • 国際出生前診断学会(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)会員
  • 日本産婦人科学会認定医
  • 母体保護法指定医
  • European Academy for IPT日本代表
  • 日本医師会産業医
  • 麻酔科標榜医
  • 性同一性障害学会会員
  • WPATH会員(The World Professional Association for transgender Health)