八重洲セムクリニック | 新型出生前診断(NIPT)、がん治療(IPT療法)

新型出生前診断(NIPT)

不安を抱える
すべての妊婦さんのために

国内最大の検査実績を誇る当院の新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断(NIPT)とは?

新型出生前診断(しんがたしゅっせいぜんしんだん)とは、「母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検査」のことです。
新型出生前診断という名称自体は日本での通称名であり、母体血清マーカ―テストなどの従来の血液による出生前診断と比較して感度、特異度からみる検査自体の精度がきわめて高い為、従来の出生前診断と区別してこのように呼ばれています。

当院は、2016年より日本で初めて年齢制限のないNIPTの提供を開始し、2018年からは全染色体検査の提供も開始しました。
これまでの総検査数は5000件を超えており、この検査数は国内の単一医療機関では最大の検査数となります。(※2018年6月末時点)

検査項目

全染色体+微小欠失検査

1~22番の染色体及び性染色体を含む全染色体の検査+1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、15q11.2欠失症候群、22q11.2欠失症候群の検査及び性別判定

全染色体検査

1~22番の染色体及び性染色体を含む全染色体の検査及び性別判定

基本検査

13、18、21番染色体及び性染色体の検査及び性別判定

当院の「NIPT」についてさらに詳しい情報はこちら

詳しくはこちら

 

全染色体検査が可能なNIPT(新型出生前診断)