新型出生前診断(NIPT)

不安を抱える
すべての妊婦さんのために

国内最大の検査実績を誇る当院の新型出生前診断(NIPT)

ベテラン産婦人科医から妊婦さんへ。検査を申し込む前に知っておいて欲しいこと・考えてみてほしいこと

妊娠をすると、喜びを感じると共に心身が変化しはじめ、不安を感じることが増えて来るかと思います。 インターネットで様々な情報を目にすることで更に不安になり、不安を解消したい思いで検査を申し込まれる方も 多いのではないでしょうか。

実際当クリニックで提供しているNIPTは非常に精度の高い検査となりますから 陰性の結果の場合は大きな安心に繋がりますし、有用な検査と言えます。 妊婦さんの妊娠管理のためにも、是非多くの方に受けていただきたいと私個人も考えています。 ですが、検査は図らずしも望まない結果となる場合があることを忘れてはいけません。

検査を申し込むか検討する前に、先ずは最低限以下のことを知っておきましょう。

知っておいてほしいこと

「妊娠」という事象には一定の確率で赤ちゃんの異常が起こりえること

新生児の3%~5%は何かしらの異常をもって生まれてくるといわれています。その症状にも重篤な場合から、手足が長いといった特徴としてとらえられるものまで様々です。もしも出生前診断を受け、何かしらの異常が見られたとしても、それは妊婦さんやパートナーさんのせいではありません。
人種や年齢に関わらず「妊娠」という普遍的な事象の一部です。ですから決してご自身たちを責めたりはしないでください。

出生前診断は
万能ではないということ

出生前全診断で主にわかることが染色体異常で、胎児の異常の25%程度です。その他に遺伝的な病気や心臓の携帯移譲などで数えきれないほどあり、現代医学ですべてのことを把握することはできません。
また非確定検査など数えきれないほどあり、現代医学で全てのことを把握することはできません。
検査の精度や結果の意味についてきちんと理解しておくことが大事です。

考えてほしいこと

そして、漠然と感じる不安について、その不安がどこから来るのかを整理してみましょう。 不安な項目を紙に書き出してみてもいいでしょうし、パートナーと話し合ってみてもよいかもしれませんね。

抱えている不安の原因が実は全く別のところにあるということも少なくはありませんから、 どうして検査を受けたいのか、本当に検査を受ける必要があるのか、きちんと納得をして欲しいと思います。

その上で検査を受ける決断をしたら、検査についての特性を理解しておきましょう。 例えば陽性の結果が出た場合、検査ごとにその解釈は異なりますので、 疑問点がある場合は問診時確認するといいでしょう。

ページ上部へ

お問い合わせ

NIPTや羊水検査、クリニックについてお気軽にお問い合わせください。

 

全染色体検査が可能なNIPT(新型出生前診断)